スポンサーサイト

►--/--/-- --:-- 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Top ▲

簡単!粘土でケーキの作り方

►2010/11/14 15:46 

20000HITプレゼント企画開催中
11月14日(日) 23:59まで
応募はコチラから



ずーっと前に予告して、
載せることができていなかったケーキの作り方
誰でも簡単にできますよ


CIMG1784_20100626125651.jpg


使用するのは、
ハーフ・セラ(超軽量紙粘土)
 作ってすぐのカットにはこの粘土が一番!
☆着色する絵の具
  (今回は黄土色/スポンジやクリームの色を変えたい方はそれぞれ準備してください。)
☆ガチャポンの玉(型取り用なので片方だけでOK!)
☆カッター
☆飾りつけ用パーツ(フルーツやストーン)


長くなるので、追記に書きます!
『続きを読む』からお願いします



《 作りかた 》


①粘土を着色します。
 スポンジ部分になる黄土色の粘土は多めに準備してください。
 ※ハーフ・セラの着色についてですが、
  普通の樹脂粘土の場合、乾燥後は色が濃くなりますが、
  ハーフセラは乾燥前とほとんど変わりませんのでご注意くださいね♪


CIMG2353.jpg


②型取りします。
 スポンジ部分は3~4ミリ厚を2つ。
 クリームは2ミリ厚で1つ型取ってください。
 型取った3つを重ねて、隙間のないようにしっかりくっつけます。

CIMG2356.jpg


③ケーキの上にのるクリーム部分を作ります。
 着色していない粘土を1ミリ厚に伸ばします。
 ※ケーキを包み込めるように多めに準備してください。 
  多い分はあとで切り取れますのでご安心を♪


CIMG2359.jpg


④先ほど伸ばした粘土で②を包み込みます。
 ウェットティッシュに包みながらやると整えやすいです!
 ※この時、かぶせた粘土がよってしまいますが、
  そのままくっつけて伸ばしてください。
  粘土がやわらかいのでキレイに伸ばせます。
  表面のヒビは覆ったウエットティッシュで整えられます。
  下にはみ出した部分はカッターでカットします。

CIMG2362.jpg


こんな感じになります

CIMG2364.jpg


⑤いよいよカットです
 8等分にカットします。
 (※ハーフ・セラ以外の粘土をお使いの場合は、2~3日乾燥させてからカットしてください
 

CIMG2365.jpg

カットする時は、1回ごとにカッターについた粘土をふき取ってください。
キレイに切れますよ♪

CIMG2367.jpg

ハーフ・セラなら切り口もこんなにきれい

CIMG2369.jpg


⑥最後は好きなように飾りつけです♪
 クリームの中に入れたいときは、粘土がやわらかいうちに
 接着剤なしではめ込むことができます

CIMG2119.jpg



《 参考までに・・・ 》

CIMG2407.jpg

いろいろな飾り方があります
上に乗っているイチゴやバラは、
ハーフ・セラではなく、樹脂粘土のグレイスを使っています!
樹脂粘土は表面がつるっとしたものができるので、
フルーツや小さなパーツを作るのにおススメします


作りかたはここまでになります♪
おおまかな感じになりますが、よろしかったらご参考までに・・・。
質問などはお気軽にどうぞ


以前載せた、ロールケーキの作り方もあります♪
簡単!粘土でロールケーキの作り方





20000HITプレゼント企画開催中
11月14日(日) 23:59まで
応募はコチラから




いつもありがとうございます
製作がんばりますので、応援ポチよろしくお願いします
にほんブログ村 ハンドメイドブログ スイーツデコへにほんブログ村 ハンドメイドブログ デコ小物へランキング

テーマ : ★粘土スイーツ★ - ジャンル : 趣味・実用

作り方・ポイントComment(0)Trackback(0) | Top ▲

コメント

Top ▲

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | Blog Top | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。